なかなかいい感じ!レアル・ソシエダの2016-17新ユニフォーム

昨年11月、解任されたデイヴィッド・モイーズの後を受けたエウセビオが引き続き指揮を執るレアル・ソシエダ。バスク地方から5クラブが参戦する今季リーガでは、6節終了時点で11位につけている。

今週末はひと足早く、9月30日の夜にベティスとホームで対戦。試合はカルロス・ベラのゴールでソシエダが1-0の勝利を収めた。

Real Sociedad 2016-17 adidas Home

レアル・ソシエダ新ユニフォーム

レアル・ソシエダといえばやはりこれ、青と白のストライプ。2016-17モデルも比較的オーソドックスな幅の縦縞を採用している。

レアル・ソシエダ新ユニフォーム

ベティス戦で決勝弾のベラ。元アーセナルのメキシコ代表FWは、ソシエダで6年目、年齢も27歳になった。

レアル・ソシエダ新ユニフォーム

スリーストライプスは脇の配置。青一色の背面とのバランスがなかなかいい感じだ(青を赤にするとアーセナルっぽい)。

Real Sociedad 2016-17 adidas Away

レアル・ソシエダ新ユニフォーム

アウェイは紺を基調としたシンプルなデザイン。水色一色のエンブレムが新鮮で面白い。