日本サッカーの歴史沿革

1973年、イングランドサッカー協会(The FA)創設から10年後、英国海軍教官団のA.L.ダグラス少佐と海軍将兵が来日。東京築地の海軍兵学寮(のちの海軍兵学校)で日本人の海軍軍人に訓練の余暇としてサッカーを教えた(これが、日本でサッカーが紹介された最初というのが定説になっている)。1978年,体操伝習所(のちの東京高等師範学校体操専修科)が創設され、教科の一つにサッカーが取り入れられる。1888年で日本最古の対抗戦と言われるインターポートマッチが開催される(横浜カントリー・アンド・アスレチック・クラブ(YC&AC)と神戸レガッタ・アンド・アスレチック・クラブ(KR&AC)が対戦)。その後、サッカーは徐々に発展している。

1921年で大日本蹴球協会(現、日本サッカー協会/JFA)創立。初代会長に今村次吉就任。1929年国際サッカー連盟(FIFA)に加盟。
日本代表が1936でベルリンオリンピックに出場。日本代表の竹内悌三主将は入村式で旗手を務めた。3-2でスウェーデンに勝利 <ベルリンの奇跡>。この試合で川本泰三がオリンピックでの日本人初ゴールを記録。チームはベスト8進出。1950年で国際サッカー連盟(FIFA)に再加盟 。1954 FIFAワールドカップ(スイス)の地域予選に出場。日本代表初のワールドカップ予選(日本は韓国に1分1敗で本大会へ進めず)。

日本サッカーが世界レベルで初めて本格的に知られるようになったのは、1968年のメキシコ五輪。大会得点王となった釜本邦茂や、渡辺正、杉山隆一らの活躍で銅メダルに輝いた。1960年代までは日本サッカーの目標は五輪にあり、W杯は1970年のメキシコ大会から予選に継続的に出場するようになる。だが、当時はオーストラリアやイスラエル(当時はアジア連盟所属)、韓国といった国々の壁があつく、敗退を重ねる。1986年(メキシコ大会)アジア予選は、本大会出場を決めるゾーンB(東地区)の最終予選で韓国に敗退。90年(イタリア大会)も北朝鮮に敗れ、一次予選を通過できなかった。

1970年でブラジル生まれのネルソン吉村大志郎が日本国籍を取得。サッカーの外国籍選手としては初の日本国籍取得。1979 FIFAワールドユース・トーナメント(現、FIFAU-20ワールドカップ)を日本で開催。アルゼンチンが優勝、ディエゴ・マラドーナがMVPに輝く。来年、全日本女子サッカー選手権大会がスタート。2002年FIFAワールドカップの開催国として正式に立候補を表明。

日本サッカー協会は1991年、社団法人日本プロサッカーリーグを設立し、93年に10チームで「Jリーグ」がスタート。92年には日本代表初の外国人監督にハンス・オフト(オランダ)が就任。同年Jリーグ初の公式戦となるJリーグヤマザキナビスコカップを開催。ヴェルディ川崎が優勝。広島で第10回アジアカップを開催。日本代表アジア初制覇。

       

この時期の中心選手は三浦知良、ラモス瑠偉、井原正巳、柱谷哲二ら。強化は順調に進み、アメリカ大会アジア予選(93年)では最終予選に進出したが、イラクと対戦した最終戦(第5戦)で後半ロスタイムに同点に追いつかれ、あと一歩のところで出場権を逃した。同試合はカタール・ドーハで行われ、第4戦終了時には1位にいた日本は得失点差で韓国に抜かれて3位に。日本のサッカーファンはこれを「ドーハの悲劇」と呼んで記憶にとどめることになる。4年後のフランス大会予選で、日本は最終予選グループで韓国に次ぐ2位に。プレーオフのイラン戦はマレーシア・ジョホールバルで行われ、延長戦をものにして悲願のW杯出場権を獲得した。

1998年フランス大会の監督は岡田武史。中心的な選手には中山雅史、井原正巳、中田英寿、名波浩、秋田豊、川口能活がいた。グループリーグでアルゼンチン、クロアチアに、ともに0-1で敗れ、早々とリーグ敗退が決定。最終戦もジャマイカに1-2で敗れた。中田英寿が1997年のAFC年間最優秀プレーヤーに選ばれる。日本のW杯初得点は、中山雅史が記録した。1999年でJリーグ、1・2部制(J1・J2)導入。

2002年大会はアジア初のFIFAワールドカップを日本、韓国の共同開催。日本代表は出場2回目にしてベスト16入りを果たす。また、同大会で上川徹審判員が主審を務める。大会史上初となった日韓共催のワールドカップは両国の関係を深め、また、開催地やキャンプ地などで温かい交流が育まれるなど、”笑顔のワールドカップ”と称され、今なお語り継がれている。

トルシエの後任にはブラジルのスーパースター、ジーコが就任。2006年のドイツ大会には3大会連続出場となる川口能活や中田英寿らのほか、中村俊輔や中澤佑二、高原直泰、三都主アレサンドロといった新戦力を率いて臨んだ。だがグループリーグ初戦でオーストラリアに1-3と逆転負け。クロアチアには0-0で引き分けたものの、ブラジルに1-4と完敗してリーグ最下位に終わった。

2006年に就任したイビチャ・オシム監督は、急病で翌年に退任。2007年に第1回Fリーグ(日本フットサルリーグ)開幕。浦和レッドダイヤモンズもAFCチャンピオンズリーグで初優勝。後を引き継いだ岡田武史がフランス大会に続き、2010年南アフリカ大会の指揮をとった。チームの中心選手は長谷部誠や遠藤保仁、本田圭佑、長友佑都、大久保嘉人、田中マルクス闘莉王ら。グループリーグ初戦のカメルーンに1-0で勝利。オランダには0-1で敗れたが、デンマークに3-1で快勝して決勝トーナメントに進んだ。決勝トーナメント1回戦では強豪パラグアイ相手に0-0の引き分け。PK戦3-5で惜しくも涙をのんだ。

2014年W杯は日本にとり、5回連続5度目の本大会出場となる。残念でグループリーグ敗退。2017年8月31日、アジア最終予選のオーストラリアに勝利し、6大会連続6度目の本大会出場が決定した。

サッカー日本代表のユニフォームに興味があるなら、Sakka Knight へどうぞ!

サガン鳥栖、2018新ユニフォームを発表!アウェイは“サガン”なデザイン

サガン鳥栖はマッシモ・フィッカデンティ体制2年目の2017シーズン、8位で6年連続のJ1残留を果たした。

特にホームで11勝と結果を残し前シーズンの11位を上回った一方、アウェイではわずか2勝。この辺りを改善できればさらに上位が見えてくるに違いない。

今オフは、長くチームのエースとして活躍してきたFW豊田陽平が韓国の蔚山現代へ期限付き移籍。補強面では昨季チーム最多の7得点を記録したMF原川力の完全移籍などを実現している。

また、育成年代ではU-15チームが日本クラブユースサッカー選手権と全日本ユース選手権の二冠を達成。新たな“強み”も生まれつつある鳥栖が1月14日、2018シーズンの新ユニフォームを発表した。

Sagan Tosu 2018 New Balance Home

サガン鳥栖 2018新ユニフォーム

2017モデル同様、『加速力(アクセラレーション)』をコンセプトにデザインされた鳥栖の新ユニフォーム。

ホーム(1st)は、チームの象徴カラーであるサガンブルーをベースに、サガンピンクの鋭角な斜めピンストライプを重ね、加速力を表現。

サガン鳥栖 2018新ユニフォーム

さらに、脇の切り替え部分にシャープな切れ込みデザインを入れることでスピード感を強調し、さらなる高みを目指すチームを後押しする。

サガン鳥栖 2018新ユニフォーム

サプライヤーは4年目のNew Balance

PSV、“最後”の「PHILIPS」ユニフォームを発表

エールディヴィジでアヤックスと激しい優勝争いを繰り広げている名門PSVアイントホーフェンが5日、こんな新ユニフォームをリリースした。

PSV 2016 Umbro ‘Heritage Kit’

PSVユニフォーム

PSVは、「Philips Sport Vereniging(フィリップス・スポーツ連合)」という正式名称が表す通りアイントホーフェンに本社を持つ大手電機メーカー、フィリップスの企業チームとして1913年に設立。1982年からは胸に入った「PHILIPS」の文字とともに親しまれ、1987-88シーズンには初のチャンオンズカップ制覇を成し遂げた。

ところが、PSVとフィリップスは昨年11月、2016-17シーズンからの新たな10年契約を発表したのだが、この中に胸スポンサーの延長は含まれておらず動向が注目されていた(※スタジアムの命名権などは継続)。

PSVユニフォーム

そして今回発表されたのが、胸スポンサーの終了を意味する“遺産”ユニフォーム。

PSVユニフォーム

赤を基調としたポロネックのシンプルなデザインで、胸にはクラブの歴史に敬意を表し1937年まで使用されていた初代エンブレムが入れられている。

PSVユニフォーム

PSVユニフォーム

何とも寂しい気持ちになってしまう今回のユニフォーム。今季のリーグ戦ラスト2試合で実際に使用される予定だ。

なかなかいい感じ!レアル・ソシエダの2016-17新ユニフォーム

昨年11月、解任されたデイヴィッド・モイーズの後を受けたエウセビオが引き続き指揮を執るレアル・ソシエダ。バスク地方から5クラブが参戦する今季リーガでは、6節終了時点で11位につけている。

今週末はひと足早く、9月30日の夜にベティスとホームで対戦。試合はカルロス・ベラのゴールでソシエダが1-0の勝利を収めた。

Real Sociedad 2016-17 adidas Home

レアル・ソシエダ新ユニフォーム

レアル・ソシエダといえばやはりこれ、青と白のストライプ。2016-17モデルも比較的オーソドックスな幅の縦縞を採用している。

レアル・ソシエダ新ユニフォーム

ベティス戦で決勝弾のベラ。元アーセナルのメキシコ代表FWは、ソシエダで6年目、年齢も27歳になった。

レアル・ソシエダ新ユニフォーム

スリーストライプスは脇の配置。青一色の背面とのバランスがなかなかいい感じだ(青を赤にするとアーセナルっぽい)。

Real Sociedad 2016-17 adidas Away

レアル・ソシエダ新ユニフォーム

アウェイは紺を基調としたシンプルなデザイン。水色一色のエンブレムが新鮮で面白い。

デンマーク代表、EURO制覇から25周年!記念の「復刻ユニ」がいい感じ

代替出場となったEURO92で、まさかの大会制覇を果たしたデンマーク代表

あの栄光から25周年を記念し、このほど特別ユニフォームが発表された。

Denmark 2017 Limited Hummel Home

このモデルは、6日に行われたドイツとの国際親善試合で着用された限定モデル。

EURO92当時のデザインを復刻した特別キットで、同大会の決勝の相手がドイツであったことから製作された。

伝統的な赤色を基調とし、肩の部分に白色が配されている。デンマーク代表は昨年、12年ぶりに地元メーカーである「Hummel」とサプライヤー契約を結んでおり、やはり“らしさ”を感じさせるデザインだ。

背番号はおもしろいデザインに!

選手たちが着るとこんな感じに。

パンツに入ったナンバーも非常に特徴的だ。

こちらはGKモデル。パターン柄のデザインはどこか懐かしさを感じさせた。

EURO92で選手たちが着ていたのはこのモデル。